探偵の依頼方法|「流れ」「調査内容」「料金相場」「注意点」を解説

探偵の料金相場

この記事では、「探偵への依頼方法」について解説します。

「どんな流れで探偵に依頼するの?」

「探偵にはどんな調査内容を依頼できるの?」

「探偵の料金相場はいくら?」

「探偵に依頼する時はどんなことに注意すれば良い」?」

など、読者のみなさんが抱いているであろう疑問を解決する内容になっています。

それでは、探偵への依頼方法について解説します。

探偵に依頼した時の流れ

探偵に依頼した時の流れをご紹介します。

探偵に依頼した時の流れ

  • 流れ1.問い合わせ(「メール」あるいは「電話」)
  • 流れ2.面談(「カウンセリング」と「見積もり」)
  • 流れ3.契約書の締結
  • 流れ4.調査の実施
  • 流れ5.報告
  • 流れ6.アフターケア(弁護士の紹介など)

流れ1.問い合わせ(「メール」あるいは「電話」)

最初に探偵事務所へ問い合わせを行います。ほとんどの探偵事務所が「メール」あるいは「電話」で問い合わせを受け付けています。

探偵事務所の中には「24時間対応」で電話相談受付を行っているところもありますので、緊急事態の場合は24時間対応の探偵事務所へ相談するようにしましょう。

探偵業法にて、調査遂行前の契約書の交わしが義務付けされているので、問い合わせの時点で依頼が確定するケースはほとんどありません。別途、探偵事務所での打ち合わせや、オンラインでのテレビ面談を案内されることが多いです。

緊急の依頼の場合でも、実際の調査に入る前に調査員が自宅などに訪問し、契約書の締結を行うことになるでしょう。

流れ2.面談(「カウンセリング」と「見積もり」)

調査の目的を明らかにした上で、調査方法や内容を検討するために面談を行います。

調査員からより詳細に状況をヒアリングされますので、事前にノートやスマホに相談したい内容や、事前に共有しておいた方が良い情報(調査対象者に関する情報など)をまとめておくとスムーズです。

また、前述の通り、「調査の目的」を明確にすることが重要です。同じ「夫が浮気をしているかもしれないので調べてほしい」という相談内容でも、「浮気の有無さえ分かれば良い」という場合と「離婚も考えているので、法的に有効な浮気の証拠を掴んで欲しい」という場合では調査内容や方法も異なります。どんな目的で調査を依頼したいと思っているのか、正確に伝えるようにしましょう。

そして、「予想以上に高額な料金を請求された」という事態を防ぐために、事前の見積もりは必ず依頼してください。固定報酬型(成功報酬型)の料金プランの場合は、成果(調査の成功)をどのように設定するのか、また途中で解約する場合違約金の支払いはあるのか?、調査が失敗した場合の費用請求はいくらになるのか?を確認しましょう。

流れ3.契約書の締結

調査内容や料金に納得できたら、契約書を締結します。可能であれば、その場ですぐに契約せずに、一度持ち帰って検討することをおすすめします。

調査員に「夫が浮気をしていて……」「知人にお金を貸したら、音信不通になってしまって……」などの話を打ち明けているうちに、感情が高ぶり、冷静さを失って視野が狭くなってしまう方も多いです。そのような状態では、「料金や契約書の内容をしっかり検討し、適正な判断をする」ことは難しいので、勢いのままその場で契約することはおすすめできません。

場合によっては契約を即決するように迫ってくる調査員もいるかもしれませんが、そのような探偵事務所へ依頼するのは控えた方が良いでしょう。面倒ですが、契約書の内容もしっかり読み込み、納得した上で署名することがトラブルを防ぐ有効策になります。

流れ4.調査の実施

契約書の締結が済んだら、いよいよ調査を行います。

依頼者は探偵が本当に調査を実施しているのかどうかを知ることができません。そのため、できれば調査中もこまめに進捗や動きを共有してくれる探偵事務所を選ぶと安心です。

特に料金プランが「時間単価型(1時間あたりの調査料金×調査時間×調査員の人数)」の場合は、こまめな情報共有をしてもらえるかどうかは、探偵事務所を選ぶ上でも重要な決め手になると言えます。

流れ5.報告

調査が完了したら、調査報告書を受け取ります。場合によっては、画像や動画のデータを受け取ることもあるでしょう。

「離婚交渉を有利に進めるために相手の浮気の証拠を掴みたい」「嫌がらせ犯を見つけて警察に相談したい」「養育費の支払い能力の有無を調べたい」など、調査後に法的な手続きを取る可能性がある場合は、事前にどのような形式の報告書を作成してもらえるのか確認しておくと安心です。

流れ6.アフターケア(弁護士の紹介など)

弁護士事務所と連携している探偵事務所もあります。

「離婚を考えている」「浮気相手に慰謝料を請求したい」などと考えている方は弁護士事務所と連携している探偵事務所を選ぶのもおすすめです。

探偵に依頼できる調査内容

続いて、探偵に依頼できる調査内容をご紹介します。

探偵事務所によって対応している内容に差がありますが、ここでは代表的なものをご紹介します。

探偵に依頼できる調査内容

  • 調査内容1.浮気調査
  • 調査内容2.素行調査
  • 調査内容3.人探し
  • 調査内容4.嫌がらせ調査
  • 調査内容5.ペット探し

調査内容1.浮気調査

探偵への依頼で最も多いのが「浮気調査」です。

「浮気が明らかになれば即離婚」という人ばかりではなく、「事実を明らかにして、夫婦関係をもう一度作り直すために調査を依頼したい」という方も珍しくありません。

調査方法としては、尾行調査がメインになります。

調査内容2.素行調査

「娘の結婚相手を調べて欲しい」「採用予定の人物の性格や交友関係を知りたい」など、相手の仕事、交友関係、性格などを調査するのが素行調査です。

浮気調査のように「証拠を掴む」ことが目的ではなく、あくまでも事実調査がメインになります。

調査方法としては、データベースの検索、尾行、聞き取りなどがあります。

調査内容3.人探し

「初恋の相手を探してほしい」「昔お世話になった先生と再会したい」など、行方が分からなかったり、連絡が取れなかったりする人を探すのが「人探し」です。人だけではなく、「故人のお墓を探してほしい」という依頼も多いです。

調査方法は、データベースの検索、聞き取りなどがメインです。

調査内容4.嫌がらせ調査

「見知らぬ男に付けられている。相手の男の正体を知りたい」「家の庭にゴミを投げ捨てる犯人を見つけて、嫌がらせを止めさせて欲しい」などの依頼に対応するのが「嫌がらせ調査」です。

主に、犯人の特定と嫌がらせ被害を証明する証拠集めが目的の調査です。調査員が仲介して嫌がらせを止めさせるところまで面倒を見てくれる場合もありますが、警察への相談を促される場合も多いです。

調査方法は、監視カメラの設置、尾行調査などです。

調査内容5.ペット探し

人だけではなく、ペット探しも探偵の調査項目の1つです。ただし、ペット探しは人探しとは異なる難しさがあったり、スキルが求められたりすることから、対応している探偵事務所が意外と少ない傾向にあります。

ペット調査は、ペットが行方不明になってからいかにすぐに調査を開始するかがとても大切です。迷っていたとしても、まずはペット探しを依頼できる探偵事務所を探して、相談しましょう。

調査方法は主に、聞き取りになります。

探偵に依頼する時の料金相場

探偵の料金相場は「30万円〜50万円」になります。

ただし、依頼する調査内容や調査日数によってかなり幅があるため、あくまでも参考値として捉えておくのが良いでしょう。

簡単な調査であれば10万円以下で済む場合もありますし、反対に100万円近い金額になることもあります。

探偵に依頼する時の注意点

最後に探偵に依頼する時の注意点をご紹介します。探偵に対して「グレー」「怪しい」などのイメージを抱いている方もいるとは思いますが、探偵業界は「探偵業法」という法律のもとで管理・運営されています。

探偵業を開業する際も各都道府県の警察組織に設置された公安委員会への届出が義務付けられており、その認可が下りなければ探偵事務所を開くことはできません。

このように、映画やドラマなどのイメージから無法地帯に思える探偵業界も、実際には法律のもとで取り締まられており、基本的にはトラブルなどはないと考えても良いですが、場合によっては、料金や契約に関するトラブルに巻き込まれる可能性もあるため注意が必要です。

ここでは、探偵に依頼する時の注意点をご紹介しますが、何か探偵に関するトラブルやお困りごとが発生した場合は、「独立行政法人国民生活センターに相談しましょう。

探偵に関するトラブルが発生した場合の対応

独立行政法人国民生活センター

注意点1.金額を水増しして請求される

実際は調査が3日間で完了したにも関わらず、5日間調査を行ったと見せかけて、料金を水増し請求されるトラブルがあります。

このトラブルを防ぐためにも、無断で調査を延長されないように調査開始前に「調査日数(時間)」はあらかじめ決めておき、さらに調査員の稼働状況をしっかりと把握するために調査中の報告をこまめに受けられる探偵事務所を利用すると良いでしょう。

注意点2.高額な交通費を請求される

尾行調査を行う場合、調査料金とは別に新幹線や飛行機代の支払いが発生するケースもあります。

事前に交通費は別途発生するのかどうかを確認し、さらに新幹線や飛行機に乗る必要が生じた場合は都度報告をしてもらうなどの取り決めをしておくと安心です。

注意点3.調査が失敗したのに成功報酬を請求された

料金が固定報酬(成功報酬)型の場合に、調査が不十分な状態で終わったにも関わらず、料金を請求されてしまったというケースもあります。

固定報酬(成功報酬)型で依頼する場合は、「報酬発生の条件」「途中解約の違約金の有無」「成果を得られなかった場合の支払い料金」に関する事項を事前に握っておくことが大事です。

まとめ

この記事では「探偵への依頼方法」についてご説明しました。

探偵事務所へ調査を依頼する場合、まずは費用感や調査の可否を知るためにもいくつかの探偵事務所へメールあるいは電話で相談することがスタートになります。

下記のリンクから全国にある探偵事務所を都道府県ごとに探せますので、ぜひ参考にしてください。

>>「都道府県」から探偵事務所を探す

2分で完了!全国の探偵事務所を探す

かんたん無料診断をスタート